MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

富士宮市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報



たいてい狭小住宅3階建てが主。それでも3700万超えます。私はそれでも利便や住みやすさを優先し、今の土地で建売か築浅中古を探してます。友達もこの辺で探してましたが、広さ重視でちょっと田舎に土地を決めたようです。 ここで、この友達のすすめる「太陽光発電システムは儲かる」というものが実際どういうものなのか、本当に年間10万でも儲かるならみんな建てるときにつけるんじゃないか?と疑問もあります。 一条工務店さんは独自の太陽光発電を持ってるそうで、つけるのもタダ!!!だそうです、友達いわく。修理の保証も10年?ついてるとか。家もメンテもタダでやってくれるそうです。 そんなうまい話あるのかな?と・・・。 不動産・建築業界などに詳しい方、この友達は間違ってはないのでしょうか? ちなみに私は不動産屋にも探してもらうよう頼んでますが、仲介料をなるべく省きたいので直接売主が窓口の物件もいってます。 よろしくお願いします。
床面積20坪 平屋ロフト付き片流れ住宅で 基礎は何立米くらい必要でしょうか。洪水対策で高さは地面から70センチにします もちろんベタ基礎です。立ち上がり幅は15センチです。 よろしくお願いいたします! 床面積20坪 平屋ロフト付き片流れ住宅で 基礎は何立米くらい必要でしょうか。洪水対策で高さは地面から70センチにします もちろんベタ基礎です。立ち上がり幅は15センチです。建築地は福島県の寒く雪が多い地域です。 上に載せるものは普通の2×4木造住宅、もしくはコンテナを検討しています。
リフォーム・内壁の下地について。 現在実家のリフォームを計画しています。 築60年経過した住宅(木造平屋)で140m2です。 耐震工事と一緒にリフォームを行います。 耐震工事は、耐震設計士の方が担当し内装設計は自分でデザインします。 耐震設計では、ダンパー及び構造用合板で補強します。 補強する壁に構造用合板9mmを貼るのですが、補強しなくてもよい壁と隣接する場合の 下地について質問します。 Q1. ・通常壁:柱→PB9.5mm→AEP・漆喰壁 ・耐力壁:柱→構造用合板9mm→AEP・漆喰壁 ※壁厚みの誤差0.5mm・幅木:出幅木 Q2. ・通常壁:柱→PB12.5mm→AEP・漆喰壁 ・耐力壁:柱→構造用合板9mm→合板3mm→AEP・漆喰壁 ※壁厚みの誤差0.5mm・幅木:出幅木 Q3. ・通常壁:柱→合板9mm→PB12.5mm→AEP・漆喰壁 ・耐力壁:柱→構造用合板9mm→PB12.5mm→AEP・漆喰壁 ※壁厚みの誤差なし・幅木:平幅木 Q4. ・通常壁:柱→胴縁15mm→PB12.5mm→AEP・漆喰壁 ・耐力壁:柱→構造用合板9mm→合板6mm→PB12.5mm→AEP・漆喰壁 ※壁厚みの誤差なし。幅木:出幅木 0.5mmの厚みの差は、仕上がりに影響がありますか? また、どの方法が適切でしょうか? 構造用合板で補強する壁は多数ありますので、全ての壁を合板で覆った場合コストが上がるのでしょうか? 幅木は、平幅木が良いのですが、Q3以外の下地では無理でしょうか? 一般的に木造住宅の場合は、柱→胴縁→PB→AEP・漆喰壁だと聞きましたが、胴縁無しの場合のメリット・デメリットも回答していただけると助かります。 回答宜しくお願い致します
建築基準法について質問します。都市計画区域の防火地域外で、木造建築平屋建て、150?の住宅を建築予定です。確認申請提出の際、排煙窓が、必要と言われましたが、本当ですか? 2階以下で、200?以下の建物は、必要ないと思うのですが。